商人の格言

WordPress専門で集客HP制作

ホームページを活用するためのノウハウを提供します
問い合わせが無い、検索結果で上位に表示したい(SEO対策)など、
役に立つホームページでお悩みの方はご相談ください。

商テン見聞録

温故知新「早耳の早倒れ」

2008年10月21日(火)

以前、ブログで紹介した、近江商人の家訓「売り手よし 買い手よし 世間よし」という「三方よし」のアクセスが、想像より多かったので、第2弾を書いてみます。

 → 温故知新「三方よし」

今回は、「早耳の早倒れ」です。

江戸時代の中期から後期くらいに広まった言葉だそうです。

早耳とは、早く情報を入手することですが、
ガセネタの場合もあるので、きちんと情報の裏を取りましょう、という格言です。

株式では、今でも格言として扱われているそうです。

「ここだけの話」とか「早いものがち」などという甘い話があったら、まず疑ってかかりましょう。

今でも通じる話です。人間て進歩してないですね(笑)

たとえ、事実の情報だとしても、耳に入る時点で、古い情報だと思ったほうが妥当です。

テレビやインターネットが普及している情報化時代の現在でも、ニュースに取り上げられる時、鮮度は古くなっています。

逆に情報が氾濫している時代だからこそ、早い情報は、きちんと精査することが重要ですね。

インターネットの世界でも、相手が知らないことをいいことに、ガセネタをばら撒いているWebサイトが見受けられます。

おいしい話には飛びつかない、少し勉強する、信用して相談できる人を見つけるなどの対策をとりましょう。

外部リンクのSEO対策
コメント

コメントはございません。

コメントを投稿する


 ※公開されません



HOME » 商テン見聞録 » 商いノート » 温故知新「早耳の早倒れ」
このページのトップへ

1ランク上を目指すメルマガ

Yahoo!ブックマークに登録
無料!今すぐ登録!

SEO対策、招客ホームページの作り方などのノウハウを、ネット初心者の方にもわかりやすく月1~2回、お伝えしています。
ツイてるノウハウ集付き

メールアドレス

ご氏名(全角)

サテライト型ホームページ戦略
Google Analytics設定代行サービス
WordPressとは?
無料コンサルティング診断