Yahoo! Site ExplorerのSEO対策

札幌のSEOに強い「招テン」でホームページ作成

1ランク上を目指したい中小企業、起業家のためのビジネスブログ制作。納品後の運用アドバイスもあり初心者も安心。

商テン見聞録

Yahoo! Site Explorerから見るYahoo!の今後

2008年3月31日(月)

 Googleウェブマスターツールに相当するYahoo!のサービスがYahoo! Site Explorerです。

 XML形式のサイトマップを登録すると、検索エンジンがページをインデックス(登録)してくれるサービスで、アメリカのYahoo!のみで提供しています。

 Yahoo!Japanも検索エンジンはアメリカのものを利用して、そこに独自のフィルターを付加しているため、アメリカのサービスでも意味があります。

 しかしながら、このYahoo! Site Explorerは最近、全く機能していないようです。
 今年に入ってアルゴリズムが変更されたとき、インデックスページが削除されましたが、そこから亀のように、ゆっくりインデックスされているようです。

 もちろん、必ずインデックスすることを保証しているわけではありませんが、Googleと比較すると雲泥の差があります。Googleの後追いで提供し始めたので、とりあえずリリースしたせいかもしれません。

 また、Yahoo!の検索エンジンは買収した3社のアルゴリズムをカスタマイズしているのは有名な話ですが、そのことが影響しているせいかもしれません。

 新しいドメインで作成したホームページは、Googleの場合、1~2ヶ月は上位表示してくれませんが、適正にページを追加して、基本的なSEO対策をすると、ちゃんと評価してくれます。
 Yahoo!の場合、ページを認識しないので、評価以前の問題になっています。

 このことは、サイト運営者だけでなく、検索エンジンを利用しているユーザーも、有効な情報をタイミングよく得られるメリットがあります。

 マイクロソフトがYahoo!を買収するニュースが流れていますが、他の企業がYahoo!の買収に名乗りを挙げないのは、競争力がないと判断されているからでしょう。今の状況だと、マイクロソフトに売るしかないでしょうね。

 いくら無料とはいえ、正式にサービスインしている機能がうまく動かないYahoo!の今後が垣間見えます。
 


コメント

コメントはございません。

コメントを投稿する


 ※公開されません



ビジネスホームページ作成「招テン」無料お試し申し込みはこちら
HOME » 商テン見聞録 » ネットビジネス » Yahoo! Site Explorerから見るYahoo!の今後
このページのトップへ
Google Analytics設定代行サービス
無料コンサルティング診断