クロスリスティングの登録を行っているサイトはSEO対策で有効か

ホームページ作成 札幌 HOME » 商テン見聞録 » ネットビジネス » 「上位表示されているサイトのディレクトリ登録状況」クロスリスティングとジーネットワークスによる共同調査
商テン見聞録

「上位表示されているサイトのディレクトリ登録状況」クロスリスティングとジーネットワークスによる共同調査

2008年4月25日(金)

 株式会社クロスリスティングと株式会社ジーネットワークスは共同で、クロスリスティングが提供するPC向けディレクトリの登録状況に関する調査結果を発表しました。

 以下は、プレスリリースを引用しています。

■調査結果の概要

・主要キーワードで検索した際に各検索エンジンで10位以内に表示されているサイトのうちヤフーでは「55.6%」、グーグルでは「43.4%」、MSNでは「40.7%」のサイトがクロスリスティングが提供するPC向けディレクトリに登録。

・各検索エンジンで10位以内に表示されているサイトと41位~50位、91位~100位に表示されているサイトを比較すると、ヤフーでは10位以内の登録状況は「55.6%」、41位~50位「21.5%」、91~100位「12.3%」、グーグルでは10位以内の登録状況は「43.4%」、41~50 位は「21.6%」、91~100位「15.2%」、MSNでは10位以内の登録状況は「40.7%」、41~50位は「11.0%」、91~100位は「8.6%」と検索結果上位のサイトほどディレクトリ登録しているサイトが多い。

 結論は、「クロスリスティングの登録を行っているサイトは上位表示されやすい」と言いたいようです。

 もちろん、SEO対策で、優良なサイトからのリンクが有効であることは間違いないですが、クロスリスティングに登録しているから上位表示される訳ではありません。

 たとえば、Yahoo!ビジネスエクスプレスに登録しているケースもありますし、他の要素も大きく関わっています。

 とくに、クロスリスティングを利用するWebサイトオーナーは、SEO対策に前向きに取組んでいる可能性が高く、結果的に上位表示されていると考えたほうが良いでしょう。

 あくまでSEO対策の手段のひとつとして利用してください。

※クロスリスティングは、「エキサイト」「goo」「@nifty」「BIGLOBE」など、複数の大手ポータルサイトのディレクトリに一括で登録するための審査サービスを行っています。


コメント

コメントはございません。

コメントを投稿する


 ※公開されません



■最新の新着情報一覧

ビジネスホームページ作成「招テン」無料お試し申し込みはこちら
このページのトップへ
Google Analytics設定代行サービス
無料コンサルティング診断